通所サービス間違いだらけの生活機能訓練改善授業―残存機能を奪ってしまうかかわりを見直そう!

デイサービスでは在宅環境を調査して、個別機能訓練を実施することが推奨されています。
在宅生活の継続が重要視される中、これからもっとも大切な視点といえます。
デイサービスが入浴して食事して送り迎えをするだけではモッタイナイ!
生活の中でできる機能訓練、在宅生活を踏まえたメニューを提供していきましょう。
たとえば畳で生活する人には、歩行訓練より四つ這いの練習が大切!
そんな介護現場の理学療法士ならではの視点で、ケアを変えていくヒントが満載!
「改善授業」と題して会話体で読みやすく書いてみました。

日総研出版 (2014/6/1)

ご購入はこちら

メルマガ登録

【松本流生活リハビリ虎の巻】に登録すると、利用者さんが元気になる目からウロコの極意が無料で毎朝8日間届きます。(その後不定期にメルマガ配信)
この巻に目を通さば世の森羅万象(じーらばーら)が元気になる!日本の介護を変えていきましょう!
画像クリックで登録フォームへ!

著書一覧

  1. 認知症利用者・中重度利用者生活機能訓練―ケア場面別の留意点と工夫
  2. 通所サービス間違いだらけの生活機能訓練改善授業―残存機能を奪ってしまうかかわりを見直そう!
  3. 認知症介護「その関わり方、間違いです!」―介護現場の理学療法士直伝
  4. 早引き 介護の拘縮対応ケア ハンドブック
  5. 生活リハビリ術―介護が楽しく楽になる 介護現場の理学療法士が提案する21の方法
PAGE TOP