タップで電話!

スマホじゃなくてノート

本とDVDの作成依頼を頂いた。

執筆を開始した。

アイデアは突然湧いてくる。運転中、ランニング中。

早く書かないと忘れる!と日中はポケットにいれた紙にメモる。

スマホのボイスレコーダーに録音することもある。

でもアイデアを練るにはスマホではなくて、分厚いノートが一番いい。

「ツバメノート特A10」というのを使っている。でかくて紙質もよく、100ページぐらいあるので、

メモやイラストを思う存分書ける。

広いノートにボールペンが走る感触が好きだ。

自由な広いスペースの中で、右に書いたことと左に書いたことが、

不思議とリンクすることもよく起こる。

やっぱりスマホより昔ながらのノートがいい。

これからの若い人はタブレットの画面をタップしながら考えたり、アイデアを練ったりするんだろうか?

僕もキーボードで最終的には原稿を打つけど、最初にペンを握って手を動かして、ノートにガリゴリ書きつける。アナログ式じゃないとやっぱりだめです。

 

メルマガ登録

【松本流生活リハビリ虎の巻】に登録すると、利用者さんが元気になる目からウロコの極意が無料で毎朝8日間届きます。(その後不定期にメルマガ配信)
この巻に目を通さば世の森羅万象(じーらばーら)が元気になる!日本の介護を変えていきましょう!
画像クリックで登録フォームへ!

関連記事

  1. 介護現場で大切にしたい言葉 100選  ④『ツッコミよりツツミコ…
  2. 村上春樹、『職業としての小説家』を読んで
  3. リハ医 稲川利光先生と対談しました 
  4. 12月 生活リハビリの達人講座 のご案内
  5. 出版から一年『機能訓練改善授業』
  6. マイナス改定を受けて、これからの介護を考える 
  7. 読書感想文「マーケット感覚を身につけよう」ちきりん
  8. 自分たちは「地域」に何ができるか?

最近の記事

PAGE TOP