世界から猫が消えたなら

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e「この世界からひとつ何かを消す。その代わりにあなたは一日だけ命を得ることができる」 この小説では主人公は命を長らえるべく、悪魔と取引して順番に電話、映画、時計、そして、猫を消す。 「何かを得たいなら何かを失わなければならない」という重いテーマ。自分ならどうするかな~。 思いつくもの好き放題消して、その世界を観察するのも面白いな~! たとえば携帯、たとえばアメリカ大統領、宗教、異性、電気・・・。 いや待てよ、何かを消すより、この世界に何を残して、去るかのほうが重要な課題じゃないかな~とも思った。 ♪もし僕がこの世から巣立って逝っても 君の中で僕は生き続けるだろう そう思えば何とかやっていけそうだよ~ いつでも微笑みを Mr.Children 娘が生まれた時に、この歌を聴いて、感動したのを思い出しました。 自分は必ずこの世を去る、その時に何が残せるか・・・ あ~まだまだがんばらないと去れない それが未練なんですね。 きっといくつになっても未練が残るんだろうな そして悪魔と取引したくなるんだろうな 読みながらそんなことを考えました。

メルマガ登録

【松本流生活リハビリ虎の巻】に登録すると、利用者さんが元気になる目からウロコの極意が無料で毎朝8日間届きます。(その後不定期にメルマガ配信)
この巻に目を通さば世の森羅万象(じーらばーら)が元気になる!日本の介護を変えていきましょう!
画像クリックで登録フォームへ!

関連記事

  1. 雑誌 「認知症ケア 最前線」に原稿書きました!!
  2. 9月は、大阪・名古屋でお会いしましょう!!!
  3. これからがんばります
  4. 介護で大切にしたい言葉 100選 その6 『介護の3Kを変えてい…
  5. 少し違う、介護離職ゼロと、介護職の離職ゼロ
  6. 追悼 三井健史理事長
  7. 12月 生活リハビリの達人講座 のご案内
  8. 介護現場は「受け身」の場面が多すぎる ~新刊より

最近の記事

PAGE TOP