介護で大切にしたい言葉 100選 その6 『介護の3Kを変えていこう!』

介護で大切にしたい言葉 100選 その6 『介護の3Kを変えていこう!』

昔の3K仕事・・・「きつい」 「汚い」 「危険」

僕が今の介護の仕事に思う3Kは・・・

「腰が痛い」 「給料が安い」  「(職員が)消える」

 

介護の仕事がこんな3Kに甘んじているのは、非常に残念です。

 

世間から専門性が低く、家族でもできる仕事だ、とみられているからではないでしょうか?

3Kは変えていけます。僕らの専門性を結集すれば!

3Kの「腰が痛い」を変えるには?

介助に運動学の知識:対象者さんの力を引き出すような運動学を大切にした介助

福祉用具の知識:福祉用具の知識と技術を持ち、力任せの介護ではなく、適した環境を用意できる

身体のメンテナンス:腰痛を防ぐ日々のストレッチや身体のメンテナンスの知識がある

メルマガ登録

【松本流生活リハビリ虎の巻】に登録すると、利用者さんが元気になる目からウロコの極意が無料で毎朝8日間届きます。(その後不定期にメルマガ配信)
この巻に目を通さば世の森羅万象(じーらばーら)が元気になる!日本の介護を変えていきましょう!
画像クリックで登録フォームへ!

関連記事

  1. 年金問題を解決する方法
  2. 世界から猫が消えたなら
  3. デイサービスの意義を考える in Tokyo
  4. 屋台を引いて
  5. 村上春樹、『職業としての小説家』を読んで
  6. 新刊のテーマ「きんさんぎんさんに学ぶ」認知症ケア
  7. 新刊が平積みに!!
  8. 今年あと100日を切りました!

最近の記事

PAGE TOP