タップで電話!

年金問題を解決する方法

年金の支給額が減額されたり、支給年齢が引き上げられたりしてる。我々の年金はどうなるんだ。もらえるのか?

不安になりますね。しかし年金問題は自分で解決できる!という記事を読んだ。

その結論は「80まで働くこと」だ。

 

え~と思われるかもしれないが、人生100年時代です。

おぎゃーと生まれて20歳までは親に保護され、20歳から80歳まで自立して60年働いて、残りの20年、80歳から100歳まで、また介護を受けて人の世話になる。

そうやって送るのは自然なことのように思う。もちろん、病気や障害ではやめに人の世話になることは、ぜんぜんかまわない。

ひとそれぞれ事情はある。ただ、社会に自分が役立つことが続けられたら、それこそ100まで働いたってかまわない。

僕にはモデルがいます。一緒に働く、御年73歳の大先輩のナース、Kさんです。まあ、元気でいつも頭が下がります。

この人のように、職場で頼りにされながら、利用者さんの近い位置で話をしたり、時には相談に乗ったりして過ごす介護現場の仕事はいい。

Kさんも弱音を吐きます・・・「いつまで置いてもらえるんだろう、もう潮時かも」

「Kさんがいるから勇気づけられる、みんなの鏡です、できるだけがんばって」と日々、弱音を吐くKさんを励ますのが、毎日にルーティンの会話(ネタ?)になっています。

 

もう80も近くなって、確かに馬車馬のように働く必要はないでしょう。ただ、自分の積み重ねてきたことは必ず社会の役に立ちます。

それを身体の無理にならない範囲でずっと提供できる、そんな人生は素晴らしい。そして年金問題は怪我なくクリアしてしまいます。

 

森光子さんは92でなくなったが、86歳まで舞台ででんぐり返しをしていた。あのイメージです。

 

メルマガ登録

【松本流生活リハビリ虎の巻】に登録すると、利用者さんが元気になる目からウロコの極意が無料で毎朝8日間届きます。(その後不定期にメルマガ配信)
この巻に目を通さば世の森羅万象(じーらばーら)が元気になる!日本の介護を変えていきましょう!
画像クリックで登録フォームへ!

関連記事

  1. きんさん ぎんさんに学ぶ認知症ケア
  2. 介護職はボケにくい そんなデータがでる!(ハズ)
  3. 12月 生活リハビリの達人講座 のご案内
  4. 介護予防・認知症予防を劇にしましたー 脚本大公開!!
  5. デイサービス研修会にてリハビリ体操・レクの極意についてお伝えしま…
  6. リハ医 稲川利光先生と対談しました 
  7. 現場で共有したいリハビリ介護の方法論
  8. 今年あと100日を切りました!

最近の記事

PAGE TOP