タップで電話!

新刊「認知症利用者 中重度利用者 生活機能訓練」出ました!!

9784776018100
 
介護施設で機能訓練しようとしても、なかなかプログラム通りにはいかない、こちらの言うことが通じないなんてこともありますね。でもそれは利用者さんと職員が機能訓練という狭い枠の中で、やり取りをしようとするからではないでしょうか?
 
「訓練」というと重りの置かれた訓練室を思い浮かべますが、生活期では、もっと広いフィールドが利用者さんと僕らに与えられています。
その人に合った「一日の過ごし方」が用意できているでしょうか?もし食べる機能訓練をしているなら「摂食動作」「嚥下機能」の向上も大切だけど、食べたいメニューとはどんなものか?おいしく食べれる環境とは?そもそもおなかは空いてるの?
そんな視点が大切だと思うのです。
 
利用者さんの元気のタネの見つけ方について全編書いてます。どうぞよろしくお願いいたします。
アマゾンページはこちらです。
 
 

メルマガ登録

【松本流生活リハビリ虎の巻】に登録すると、利用者さんが元気になる目からウロコの極意が無料で毎朝8日間届きます。(その後不定期にメルマガ配信)
この巻に目を通さば世の森羅万象(じーらばーら)が元気になる!日本の介護を変えていきましょう!
画像クリックで登録フォームへ!

関連記事

  1. 連載中「月刊デイ」で高齢者の座る姿勢について考えました
  2. 新刊のテーマ「きんさんぎんさんに学ぶ」認知症ケア
  3. 現場で共有したいリハビリ介護の方法論
  4. バリアフリー調査 in 丹後
  5. 介護予防・認知症予防を劇にしましたー 脚本大公開!!
  6. 38サンパチの豪雪
  7. ラストはやっぱり「フロフェッショナルになろう!」通所介護&リハ7…
  8. デイサービスの意義を考える in Tokyo

最近の記事

  1. 転倒予防のすべてがわかる本
  2. 転倒予防のすべてがわかる本
PAGE TOP