新刊にこめた思い

新刊にこめた思い。

7月25日 「認知症利用者 中重度利用者 生活機能訓練」という本を出版しました。

機能訓練というとすぐに重りや平行棒のある訓練室が頭に浮かびます。

この訓練室がいけないというわけではないのですが、

生活の場面は効果的で、毎日できる機能訓練の宝庫だと思います。

自然で楽しく体が動く、そんなイメージです。

今回、食事、入浴、排泄、移乗といった別段、訓練と思ってやっていない

「介護現場の日課」をいかにその人の元気を引き出すものにできるか?

それに挑戦したいと思って書きました。

「目と手と心」が最初の薬(メデシン)です。

これをテーマに書いています。

認知症の方とは意思疎通ができない、食事といってもわかってくれない

こう考えるといかに栄養を入れるか?だましだまし口に運ぶか?と技術論になってしまいがち。

私が担当のほうが食べさせるのうまいのよ(!?)

 

・・・そうではなく、食べやすい環境か?なにがお好きなのか? 姿勢は? そもそもおなかは空いているのでしょうか?

 

「生活リズムを調整しよう」とおなかが空く生活リズムづくりを22ページに書いています。

目と手と心のメデシンで、現場が変わる!そんなお手伝いができるとうれしいです。

 

 

 

9784776018100

認知症の利用者 中重度利用者 生活機能訓練」(日総研)松本健史 7月25日発行(定価2778円+税)

メルマガ登録

【松本流生活リハビリ虎の巻】に登録すると、利用者さんが元気になる目からウロコの極意が無料で毎朝8日間届きます。(その後不定期にメルマガ配信)
この巻に目を通さば世の森羅万象(じーらばーら)が元気になる!日本の介護を変えていきましょう!
画像クリックで登録フォームへ!

関連記事

  1. 生活リハビリ 八か条
  2. バリアフリー調査 in 丹後
  3. 介護の本、クランクイン! 「魔法の(ようにみえる)技術には理由が…
  4. 認知症ケアをいう前に・・・排泄ケアはできてる?
  5. 現場で共有したいリハビリ介護の方法論
  6. 介護で大切にしたい言葉100選 ②『生きるとは手を伸ばすこと』 …
  7. 生活リハビリに紙芝居レクリエーション 
  8. お盆、「ご先祖様と対話するお年寄り」と対話する

最近の記事

PAGE TOP