読書感想文「マーケット感覚を身につけよう」ちきりん

「マーケット感覚を身につけよう」という本を読んだ。ちきりんさん、ブログに多くの読者を持つとは聞いていたけど、すごい人だ。

 

こんなに「読み終わるのがもったいない」と思いながら読んだ本は久しぶりだ。

自分の強みをマーケット(市場)に活かして、楽しく暮らそう、そんなメッセージが紙面からダイレクトに伝わってくる本。

地域の強みを生かした徳島県上勝村の葉っぱビジネスは有名ですね。あの成功はどうしたら起きるか?を解説してくれています。
市場に向かい合い、自分の強みをしっかり認識することが第一。
あとイキイキとしたおばあちゃん、あの方々、要介護度とか無縁!(笑)人はいくつになっても楽しく生きれるし、マーケット(市場)に必要とされることは、とても大切な生きがいとなりうることを教えてくれています。

マーケット感覚とはなにか?

それはなにも金儲け・拝金主義に生きることではありません。この世の中の仕組みを理解して、市場感覚を磨きながら、
市場にコミットしながら生きていくことです。

そして市場感覚がある人は、ずっとトライ&エラーができて、成長していける。ずっと歳をとって

も人生がたのしい、そんな構図が描いてある。市場に必要なものを考えて供給するのですから、感謝される。人生最後まで感謝されて、楽しい方がいいと思う。

 

子供たちは大学に行ったり、専門学校に行く。これから資格をとるにしても、なにを選ぶかは慎重にマーケット感覚を研ぎ澄ませたほうがいい。

超難関だった司法試験合格者が、いま飽和して、小さな案件を追い回している。テレビの宣伝で増えた

「あなたの過払い金、取り戻せるかも?」なんてCMは弁護士の必死の広告だそうです。それぐらい弁護士さんも顧客獲得に苦労しているんですね。だから、今の世の中、この資格を持っとけば、安心なんてことはもうないんですね。

ただちきりんさんは言う。「その分野で10年やったのなら、必ずやマーケットから必要とされる知識や技術は備わっているものだ。」それを活かしてマーケットのニーズと対話しながら自分がマーケットに供給できるものを出していけばいい。自分の立ち位置をスライドしていけばいい。

できることはそれぞれみんな違うし、小さなことだけど、組み合わせることで、地域独特の強みになる。その組み合わせは二つと一緒のものはないだろうから、地域の特色になるだろうし、売りになる。

これからいろんな人とお出会いし、そのみなさんとのコラボが地域づくりになっていけばいいな~と考えていたので、期待が膨らみました。

自分はマーケットになにを提供できるだろう?いろんなことを考えさせてもらえる本、おすすめです。

 

メルマガ登録

【松本流生活リハビリ虎の巻】に登録すると、利用者さんが元気になる目からウロコの極意が無料で毎朝8日間届きます。(その後不定期にメルマガ配信)
この巻に目を通さば世の森羅万象(じーらばーら)が元気になる!日本の介護を変えていきましょう!
画像クリックで登録フォームへ!

関連記事

  1. その笑顔、何ルクス?
  2. 少し違う、介護離職ゼロと、介護職の離職ゼロ
  3. 人は3タイプに分かれる。自燃型、他燃型、不燃型
  4. 祭と地域おこし
  5. ワークショップを開催します
  6. 生活リハビリの達人になろうin大阪 11月20日(日)開催決定
  7. Ban!Ban!バルーン はクリスマスによく似合う!
  8. 「半農半X」という生き方 さつまいも50本植えました

最近の記事

PAGE TOP