38サンパチの豪雪

こちら丹後に来て、お年寄りからよく聞くのが昭和38年の大雪の話です。電信柱をまたいで登校した。「雪かき」ではなく、家を発掘する「家掘り」だった。そして「もうここでは暮らせない」と村を捨てて、町に出てきた家族も多い。ホントすごい雪だったんでしょうね。今のように除雪車もなかった時代。気象が人生に与える影響は今より格段に多大なものであったことを感じます。

メルマガ登録

【松本流生活リハビリ虎の巻】に登録すると、利用者さんが元気になる目からウロコの極意が無料で毎朝8日間届きます。(その後不定期にメルマガ配信)
この巻に目を通さば世の森羅万象(じーらばーら)が元気になる!日本の介護を変えていきましょう!
画像クリックで登録フォームへ!

関連記事

  1. 新刊が平積みに!!
  2. もう一回結婚できそうな気がする
  3. 年金問題を解決する方法
  4. 新刊のテーマ「きんさんぎんさんに学ぶ」認知症ケア
  5. 連載中「月刊デイ」で高齢者の座る姿勢について考えました
  6. 2017年 生活リハビリ講座の予定です。ぜひおこしください!!
  7. 村上春樹、『職業としての小説家』を読んで
  8. 現場で共有したいリハビリ介護の方法論

最近の記事

PAGE TOP